未来館で販売中の「ミドリムシクッキー」とは?

印刷
ぜひ一度お試しあれ
ぜひ一度お試しあれ

   東京・江東区にある「日本科学未来館」1階のミュージアムショップ「MiraikanShop」で2009年11月から発売中の「ミドリムシクッキー」が話題になっている。

   その名どおりミドリムシをクッキーに混ぜたもので、クッキー1枚に約2億匹のミドリムシが含有されていて、1箱で約1gのミドリムシを摂取できるという。先端科学技術の視点から食について考える企画展「『おいしく、食べる』の科学展」の開催にともなって発売し、1日100個以上売り上げている。

   ミドリムシ(学術名ユーグレナ)は植物と同じく葉緑体を持ち光合成を行いながら、べん毛という器官で動くことができる実に不思議な微生物。小・中学生の理科の授業で誰もが耳にしたことのある生物だが、このミドリムシ、ビタミン、ミネラル、必須アミノ酸など人間に必要な37種類の栄養素を人間が吸収しやすい状態で蓄えており、東京大学の研究チームがミドリムシの培養・食用としての製品化に成功、今回の商品化につながった。

   肝心の味は、科学未来館広報担当者によると「香りは抹茶に近く、味はさっぱりとしていてヘルシー」とのことで、バター風味で食べやすく仕上がったとのこと。 価格は、1箱450円。5階のカフェで販売している「ミドリムシベーグル」の受けもいいそうだ。

   企画展は2010年3月22日まで開催。「ミドリムシクッキー」は企画展が終了しても、販売は継続する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中