2018年 5月 21日 (月)

ハイブリッドカーでもスポーティー

印刷
環境性能だけでなく、走る楽しみも
環境性能だけでなく、走る楽しみも

   ホンダは、新型ハイブリッドカー「CR-Z」を、2010年2月26日に売り出した。

   1.5Lエンジンとモーターを組み合わせ2.0Lエンジンなみの加速性能を発揮する動力ユニットを採用。ハイブリッドながら、環境性能だけでなく走りの楽しさも実現しているのが特長だ。エンジンやコンピューターのセッティングも状況に応じ、スポーツ走行向けの「SPORTモード」、日常での使いやすさを重視した「NORMALモード」、燃費に配慮する「ECONモード」の3種類から選ぶことができる。

   価格は226万8000円~249万8000円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中