燃費がいいポルシェ・・・え、えっ!?

印刷
エントリーモデル導入でポルシェが手に入りやすく?
エントリーモデル導入でポルシェが手に入りやすく?

   ポルシェ ジャパンは、「パナメーラ」と「パナメーラ4」の予約受け付けを、2010年3月2日から開始している。

   いずれのモデルも最高出力220kW(300ps)の3.6リッターV6エンジンを搭載した「パナメーラ」シリーズのエントリーモデルとなり、変速機にはデュアルクラッチトランスミッションを採用している(「パナメーラ」については6MTも用意)。駆動方式は「パナメーラ」がFR、「パナメーラ4」は4輪駆動だ。上級グレードに比べ出力は抑えられているものの、燃費の向上が図られており、100km走行あたりの平均燃料消費量は10Lを下回る。

   価格は「パナメーラ」が1021万円~1096万円、「パナメーラ4」が1167万円。<モノウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中