2018年 7月 21日 (土)

燃費がいいポルシェ・・・え、えっ!?

印刷
エントリーモデル導入でポルシェが手に入りやすく?
エントリーモデル導入でポルシェが手に入りやすく?

   ポルシェ ジャパンは、「パナメーラ」と「パナメーラ4」の予約受け付けを、2010年3月2日から開始している。

   いずれのモデルも最高出力220kW(300ps)の3.6リッターV6エンジンを搭載した「パナメーラ」シリーズのエントリーモデルとなり、変速機にはデュアルクラッチトランスミッションを採用している(「パナメーラ」については6MTも用意)。駆動方式は「パナメーラ」がFR、「パナメーラ4」は4輪駆動だ。上級グレードに比べ出力は抑えられているものの、燃費の向上が図られており、100km走行あたりの平均燃料消費量は10Lを下回る。

   価格は「パナメーラ」が1021万円~1096万円、「パナメーラ4」が1167万円。<モノウォッチ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中