2.4tの巨漢が4.2秒で100km/hに 最高速度は…

印刷
優雅に駆け抜ける
優雅に駆け抜ける

   ベントレーは、「BENTLEY Continental Supersportsコンバーチブル」を、2010年2月18日に発表した。09年に発表された「Continental Supersportsクーペ」のコンバーチブルバージョンだ。

   最高出力463kW(630ps)の6リッターW12ツインターボエンジンをフロントに搭載し、変速にかかる時間を短縮した6速ATを介して4輪を駆動する。「ベントレー史上、最も速く、最もパワフルなオープン」に仕上げた同社のいうように、全長×全幅×全高が4804×2194×1388(単位はmm)、車重2395kgという巨漢ながら0-100km/h加速を4.2秒でこなし、最高速度は325km/hに達するという。

名に恥じない優雅な内装と環境性能

   外装も十分すぎるほどの性能に見合ったデザインとなり、その大きさが目を引くフロントのエアインテークがターボチャージャーとインタークーラーへ空気の大量供給を可能とし、エンジンからの熱気はボンネットにうがたれた穴から排出される。内装は軽量化に貢献するカーボンファイバー製のフロントシートを採用するなどスポーツ走行に向いたものとしながらも、アルカンターラやカーボンファイバー、レザーを組み合わせるなどしてベントレーの名に恥じない優雅さを漂わせている。

   環境性能にも配慮し、エンジンをE85 バイオ燃料などのフレックス燃料に対応させただけでなく、燃料の混合比を検知する燃料品質センサーを搭載することでエンジン制御を最適化した。

   価格などの詳細は未定。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中