スタッフほぼ全員が女性 JALが「ひなまつりフライト」

印刷
「お見送り」をする整備士も、みんな女性だ
「お見送り」をする整備士も、みんな女性だ

   経営再建中の日本航空(JAL)は「ひな祭り」にあたる2010年3月3日、整備や操縦のほとんどを女性スタッフが担当する特別便「ひなまつりフライト」を運航した。

   09年に続いて社内の有志が企画したもので、機体整備や操縦、荷物の積み込み作業など、運航にかかわるスタッフ20人のうち、社内に有資格者がいない機長と整備責任者をのぞく18人を女性が担当。桃の飾りで彩られた羽田空港の搭乗ゲートでは、「全員一丸となり、皆様に選ばれるエアラインを目指します」などと手書きで書かれたメッセージカードや、ひなあられが配られた。

   副操縦士の立川円(まどか)さん(32)は、

「女性ばかりで運航すると、男性ばかりの時と違って明るい、柔らかな雰囲気になります。操縦でも、なめらかな、優しい舵(かじ)さばきができれば」

と意気込んでいた。

   フライトは、JAL1083便(ボーイング767-300型機)。午前9時半過ぎ、152人の乗客を乗せて、熊本空港に向けて出発した。

   全日空(ANA)も同日、同様のイベントを羽田空港で行った。<モノウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中