「ラブプラス」がコミック化! 講談社5誌に「カノジョ」登場

印刷
いろいろな「ラブプラス」が楽しめそうだ
いろいろな「ラブプラス」が楽しめそうだ

   講談社は2010年4月から、DS用人気恋愛ゲーム「ラブプラス」をコミック化し、5誌連動で連載を開始する。

   ゲームに登場する高嶺愛花、小早川凛子、姉ヶ崎寧々という3人の「カノジョ」の魅力を、「君のいる町」の作者・瀬尾公治さんら実力派が余すところなく引き出している。

   「月刊少年ライバル」4月3日号から連載が開始される「ラブプラス Manaka Days」を皮切りに、「別冊少年マガジン」「月刊ヤングマガジン」など5誌で連載が続々スタート。「3人がそろって、一つ屋根の下で暮らすことになっちゃった!」といったユニークな内容の「ラブプラス Girls Talk」(マガジンイーノ)など、それぞれ違ったストーリーが展開される。

   各誌の「連載開始号」にはそれぞれ、キャラクターデザイナーのミノ☆タロー描き下ろしポスターが付属する。さらに5誌合同のクオカードプレゼントなど、限定アイテムも満載。もっと「ラブプラス」の魅力が感じられそうだ。<モノウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中