別府でしか食べられない 美肌プリン「ぷるりんちゃん」

印刷
持ち帰り用に保冷バックや保冷剤も用意してある
持ち帰り用に保冷バックや保冷剤も用意してある

   大分県別府市のホテル三泉閣が2010年2月1日から販売している温泉蒸しプリン「ぷるりんちゃん」の人気が高まっている。

   大分名物のフグの皮から抽出したコラーゲンとクリームチーズを加えたプリンを「美人の湯」として知られる自家源泉の温泉で蒸しあげたもので、チーズケーキのような甘みとプリンの滑らかさがあいまった新食感が特長。同ホテルでは、昼食や夕食のデザートとして提供しているが、気に入った宿泊客がおみやげとして購入していくことが多いそうだ。手作りのため生産個数が限られている上、同ホテル内でしか販売していないにもかかわらず、1か月で7000個以上を売り上げているという。

   今のところ、ネット等で販売する予定はない。理由は、「私どもは宿泊産業であり、別府温泉の地域活性化が目的です」(社長の森澤彰治さん)とのこと。

   こうした地域重視の発想から、卵などの原材料もすべて大分産を使用しており、正真正銘の地産地消スイーツとなっている。

   価格は250円だが、4月末までは200円で提供する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中