ヴィトン、ミクシィ、グーグルから学ぶ 「顧客が部族化する時代のブランディング」

印刷
ビジネスマン必見の書だ
ビジネスマン必見の書だ

   芙蓉書房出版は2009年12月から、新刊本「顧客が部族化する時代のブランディング」(著・原田保、片岡裕司)を発売している。

   ブランドが日用品(コモディティー)化してしまう時代にあり、企業がどうやって生き残るのか、カルチャー・志向性を共有する集団=「部族」という概念で、20の事例からブランドを読み解いている。

   同書で取り上げているのは「ザ・ボディショップ」「トヨタ自動車」「アップル」「ルイ・ヴィトン」「シャネル」「IKEA」「アマゾン」「ミクシィ」「リクルート」「グーグル」など。

   企業に持続的成長を、そして個人にライフスタイル奪還を促進するのが「部族」性。競争原理から共創原理へのパラダイムシフトがここに隠されているとしている。

   四六判ソフトカバー、224ページ

   価格は1890円。<モノウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中