2018年 7月 19日 (木)

ヴィトン、ミクシィ、グーグルから学ぶ 「顧客が部族化する時代のブランディング」

印刷
ビジネスマン必見の書だ
ビジネスマン必見の書だ

   芙蓉書房出版は2009年12月から、新刊本「顧客が部族化する時代のブランディング」(著・原田保、片岡裕司)を発売している。

   ブランドが日用品(コモディティー)化してしまう時代にあり、企業がどうやって生き残るのか、カルチャー・志向性を共有する集団=「部族」という概念で、20の事例からブランドを読み解いている。

   同書で取り上げているのは「ザ・ボディショップ」「トヨタ自動車」「アップル」「ルイ・ヴィトン」「シャネル」「IKEA」「アマゾン」「ミクシィ」「リクルート」「グーグル」など。

   企業に持続的成長を、そして個人にライフスタイル奪還を促進するのが「部族」性。競争原理から共創原理へのパラダイムシフトがここに隠されているとしている。

   四六判ソフトカバー、224ページ

   価格は1890円。<モノウォッチ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中