2018年 5月 23日 (水)

ビューホテルズ「7人の総料理長」が腕を振るう春の美食

印刷
ビューホテルグループの「7人の侍」ならぬ「7人の総料理長」
ビューホテルグループの「7人の侍」ならぬ「7人の総料理長」

   日本ビューホテルは、ビューホテルズレストラン共同企画「春の美味しい料理フェア」を、2010年3月1日から4月30日まで開催する。地産地消と健康をテーマに、ビューホテルグループが誇る7人のシェフが技術と知恵を振り絞り、自慢の料理を届けるという企画だ。

   開催ホテルは、浅草ビューホテル、成田ビューホテル、秋田ビューホテル、高崎ビューホテル、郡山ビューホテル、郡山ビューホテルアネックス、那須高原ホテルビューパレス、伊良湖ビューホテル。担当する総料理長は、浅草が近嵐嘉顕さん、成田が石井良雄さん、秋田が石田順さん、郡山(2ホテル)が町田勇さん、高崎が武井勝彦さん、那須高原ホテルビューパレスが村上利男さん、伊良湖が矢野啓雄さんと、豪華な顔ぶれになっている。

   それぞれのホテルにある和洋中の各レストランで、いずれ劣らぬこだわりの料理を用意。ほんの一例を紹介すると、浅草ビューホテル27階の仏蘭西料理「蒔絵」では「仏蘭西懐石~サンテ(健康)~ディナー」8400円(税込・サ別)、秋田ビューホテルの12階、寿司処「邑」では「江戸前の技と創作押し寿司のコラボレーション」(4000円)、高崎ビューホテル1階、中国料理「シルクロード」では「春の美味しい料理フェア」のランチ(3500円)、ディナー(5500円)。詳細は各ホテルまで。<モノウォッチ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中