No.15 「CLANNAD(クラナド)」は7次元の世界でも人気

印刷

バード「ゲストを一人・・・連れて、きますた・・・・」

タマ「ムユ~ムユ~~!ムユ~ムユ~、!!!!!」

編集「誰!?」

バード「・・・タマさんです。タマさんは、7次元の世界の住人で、アニメが、趣味だそうです」

タマ「ムユ~!(こんにちは)」

編集「・・って・・・緑色のナマコにしか・・見えない・・・身長10センチ?・・・」

タマ「ムユ~!!!!!!」

バード「ナマコじゃないぞ、人間のようなものだ!!!!!、って怒ってます」

タマ「ムユ~☆☆☆」

バード「その~いきなりですが、自己紹介をしたいと言ってます」

タマ「ムユ~、ムユ~、ムッ、ムッ、ムユ~~ムムムム、ムユ~」

バード「私の年齢は、地球人で言えば5億歳か、それとも、生まれて3ヵ月。男のようなものだ。我々の次元でもニッポンのアニメは大人気だ。アニメを理解できるのは我々7次元までで、8次元以上の住人は理解できない。それほど我々は高次元の生物だ。特に、パンチラとエッチなものが大好きだ・・・」

タマ「ムニュー!!!ム、ム、ム!」

バード「・・・パンチラが好きだとは言っていない。アニメ『焼きたて!! ジャぱん』が好きだと言った。あと、『CLANNAD(クラナド)』といった、(エロゲーが原作の)アニメが大好きだ。(エロゲーが原作でも)全然エッチなシーンは出てこない。それがジャパンアニメのワビサビだ!・・・と言っています」

編集「日本語・・分かるんかい?」

「ナマコ」のタマは地球人の体に変身することが可能

バード「テレパシーのようなものではありますが、わかります。日本語も話せる・・・はず・・・・」

タマ「ムムムム、ムニュ~、ムニュ~」

バード「我々高次元のものは、次元を下げることも可能。アニメを観るときは、次元ポケットのようなものを通り、3次元の体になり、地球でいうシアター施設を使って観る・・・といっています」

編集「地球人のような体になれる・・・・ってことか?」

タマ「ムユ~」

バード「はい、なれます」

編集「だったら地球人の形で、出てきたら・・・」

タマ「ムッ、ムム、ム~」

バード「地球人の形になれるのだが、恥ずかしい、そうです」

編集「・・・・・・・(ナマコのほうが恥ずかしくないか?)」

タマ「ムユ~ムユ~ムユ~」

バード「3次元の体は、今度のお楽しみ・・・ということです」

編集「・・・・・・・(また来るつもりか?)」

タマ「ムユ~、ムユ~ムユ~~!」

バード「とにかく『CLANNAD』は自分にまかせろ!だそうです」

「CLANNAD(クラナド)」
2007年10月からTBS系で放送。全23回。
「CLANNAD ~AFTER STORY~」
2008年10月からTBS系で放送。全24話。

(タマさんの解説)「『CLANNAD』ムユ~、ムユ~ムユ~~!ムユ~、ムユ~ムユ~~!ッ、岡崎朋也、ムム、ム~ムムムム、古河渚、ムニュ~、ムニュ~ムユ~ム、ム、ム、ム、ムムニュ~ムユ~ム、ムニュ~ムユ~ム、ムユ~!!!!!!京本政樹、ムユ~ムユ~~!ムユ~、京アニ、ムユ~ムユ~~!ムユ~、ムムム、ムニュー!!!萌え、ムユ~ムユ~~!ムユ~、ム~ン、ム~ン、ムユ~、ムユ~ムユ~~!AFTER STORY、ムニュ~ムユ~ム、ム、ム~ムムムム、ムニュ~、ムニュ~~~ムムム、ム、ム、ムユ~!!!!」
(タマさんの解説の翻訳)「『CLANNAD』は「京アニ」制作だと聞いていた。「京アニ」は京本政樹アニキだと思っていた。実は「京都アニメーション」だった。残念だ!!。なぜなら、私はアニキに似ている、と7次元の世界で知られている!(かもしれない)。第1期の「CLANNAD」は、私はそれほど好きじゃなかった。人気は高かったが、好きな人は「萌えアニメ」の「絵」が好きなんだろう、と感じていた。ストーリーもオバケが出てきた。しかし、『AFTER STORY』を観た。ビックリした。『CLANNAD』は、『AFTER STORY』を観る前のオマケ、前座のような存在だった。本当に、世の中はわからない。途中で『CLANNAD』に挫折した人もいたかもしれない。しかし、ちょっと待って欲しい。AFTER STORYを観て欲しい。ローマの水は1日にしてならず、である!!!!」
「『CLANNAD』は、とある町で繰り広げられる不思議な学園ラブストーリー。高校生の主人公、岡崎朋也はバスケットボールの特待生として『私立光坂高校』に入学するが、ケガでバスケットができなくなり、目標のない高校生活を送る。そこで知り合ったのが同級生で病気がちのヒロイン、古河渚だった。岡崎は父子家庭。父親はまともな仕事に就かず家庭は荒れていた。渚と親しくなった朋也は、渚の自宅(パン屋)で暮らすようになる。
続編の「AFTER STORY」は、朋也と渚の結婚後を描いている。子供が生まれるのだが、渚は病気で寝たきりの状態になっている。ここから大きなドラマに発展する。初めの(第1期)「CLANNAD」で分からなかったことが、「AFTER STORY」で全て明かされる」

モノウォッチ

ジョセフ・バード・ランカスタープロフィール

    英国ケンブリッジ出身。祖母が日本人のクォーター。青森にいる祖母からTVアニメビデオを実家に送り付けられ日本のアニメにはまる。15歳でアニメ好きが高じ単身日本へ。現在、青森の祖母と同居。人生を変えたアニメは「太陽の王子 ホルスの大冒険」「もえたん」。好きな食べ物はりんご、マグロ、鯨ベーコン。座右の銘は「イェ~イ!私だよんっ♪」(by「けいおん!」田井中律)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中