「世界遺産」を宇宙目線で体感してみる

印刷
世界遺産の美しさを体感できる(画像は厳島神社)
世界遺産の美しさを体感できる(画像は厳島神社)

   東京・台場の日本科学未来館は2010年4月24日から、世界遺産を衛星写真とともに紹介するオリジナル映像作品「FURUSATO -宇宙からみた世界遺産―」を公開する。

   06年に打ち上げられた地球観測衛星「だいち」が宇宙から撮影したさまざまな世界遺産の衛星画像を、最新の実写映像とともに紹介するもの。エジプトの文化遺産や広島の厳島神社、原爆ドームなど3地域の世界遺産は、現地で暮らす子ども目線のストーリーで描かれ、プラネタリウムのような半球状のスクリーンを持つ「ドームシアター」で毎日13時から上映される。

   入館料は大人600円、18歳以下200円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中