2018年 7月 20日 (金)

「アルコールセンサー」で健康的に飲酒

印刷
飲酒量をチェックして、健康的に適度に楽しく飲む
飲酒量をチェックして、健康的に適度に楽しく飲む

   「健康をはかる」タニタは、健康的に飲酒を楽しむためのアイテムとして、簡単に飲酒量をチェックできるアルコールセンサースリム「HC-213S」とアルコールセンサーミニ「HC-213M」を、2010年4月1日に発売する。

   「HC-213S」はペン型のスリムタイプ。また、「HC-213M」は女性を意識し、白と金を基調にした、化粧品のボトルのようなおしゃれなデザインに仕上げている。キャップを持ち上げると電源が入り、4、5回振ってから約5秒後に吸い込み口に正面から息を吹きかけるだけで、内蔵してある半導体ガスセンサーがアルコール濃度を検出する仕組みだ。アルコール濃度は、「飲み始め」から「酔い過ぎ」までの12段階で液晶画面に数値表示される。

   色は、「HC-213S」がホワイト、ブラウン、ブラック。「HC-213M」はホワイト。価格はいずれも4200円。<モノウォッチ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中