2018年 7月 17日 (火)

10月「タバコ増税」機に1100万人が禁煙チャレンジ!?

印刷
3月15日にオープンしたキャンペーンサイト
3月15日にオープンしたキャンペーンサイト

   禁煙補助剤「ニコレット シリーズ」を展開するジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 コンシューマー カンパニーは、ニコチン置換療法の理解促進を目的に、川平慈英さんと星野真理さんをサポーターに起用したウェブムービー「吸いたい気持ち攻略ムービー」を制作し、2010年3月15日からキャンペーンサイトで公開する。

   同社が日本全国の喫煙者を対象に行った、「たばこ増税に関する緊急調査」で、ニコレット シリーズの「ニコチン置換療法」について知っている人が約20%にとどまったのを受け、「ニコレット シリーズ」の効能や使いやすさを知ってもらうために作られたものだ。約5分間のエンターテインメントムービーになっていて、「つらい禁煙時に吸いたい気持ちを抑えたい」と感じている喫煙者には必見の内容になっているという。

   たばこ増税は、2010年の10月から実施予定だが、今回の調査では、禁煙・節煙意向のある喫煙者の62%が「この機会にタバコをためたいと思う」と答えていることも分かった。すなわち、約1100万人の喫煙者が、この機会に禁煙にチャレンジすると推測されている。

   なお、今回の調査は、日本全国の20~59歳までの将来、禁煙・節煙を考えている喫煙者312人を対象に、2010年2月23日から24日の期間、インターネットで行われた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中