8割以上の女性が「外部刺激から肌を守るためのコスメ使いたい」

印刷
お肌にとって外部刺激だと思うものは?
お肌にとって外部刺激だと思うものは?

   スキンケアブランドを展開するdecencia(ディセンシア)は2010年3月8日、20代~30代の女性500人を対象にした、「女性のお肌と外部刺激に関する意識調査」の結果を公表した。

   スキンケアに関する質問のうち、お肌にとって外部刺激だと思うものは何かと質問したところ、もっとも多かったのは「紫外線」で87.8%。ほかに、35.2%の人は「細菌・雑菌」を、27.0%の人は「ハウスダスト」を挙げており、意外にも「花粉」(19.2%)よりも票を集めている。

   むろん、98.6%の人がこうした外部刺激から「自分の肌を守りたい」としているものの、「肌を守るためにコスメを使っている」という人は42.2%どまりで、現時点ではまだ過半数に満たない。ただ84.7%の人は、チャンスがあれば「肌を守ってくれるコスメを使いたい」と考えている。多くの人が外部刺激からお肌を守る機能を持つ『バリアコスメ』を求めているが出合えていないという結果がわかった。

   ちなみに、「コスメにおいて、あれば嬉しいと思う外部刺激をシャットアウトする機能」は何かと聞いたところ、もっとも票を集めたのは「ストレスを軽減してくれる」(70.0%)だった。ついで、「アレルギー反応を軽減してくれる」が49.8%、「細菌・雑菌から守る」が49.4%、「ハウスダストから肌を守る」が45.8%という順になった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中