No.17 「サマーウォーズ」は「青少年健全育成条例」に抵触しない

印刷

バード「・・・映画『サマーウォーズ』、すごい人気ですね。ブルーレイとDVDが2010年3月3日に発売されて、ランキングで初登場総合1位。アニメのブルーレイでは売上記録を塗り替えたそうですよ」

編集「・・・・・・・・・・・・・・・」

バード「あ、監督はアニメ映画『時をかける少女』の細田守先生ですか・・・」

編集「・・・バーさん・・・いま、どっちかというと、アニメ・マンガで話題は、東京都が都議会に提出した『青少年健全育成条例』改正案・・それやりましょうよ」

バード「・・・『アニメ文化、ロリコン文化のせいで子どもの性被害が増えていると思うんですぅ』っていうやつ???ですか」

編集「議論は色々と錯綜しているようだけど、漫画やアニメの18歳未満と判断されるキャラクターの性的表現を規制対象にしていて、『非実在青少年』という意味が分からない言葉を使って、例え設定が18歳のキャラクターでも、幼く見える場合は、過激な性表現があったら規制、声が幼かったら規制・・・・・」

バード「・・・・・・よくわかんないよ。よくわかんない。たぶん、みんなよくわかんないのはね、改正案を出した都議会議員が、テレビでアニメ、あまり見ない人だからじゃないの?テレビアニメと、18禁のエロアニメと、ごっちゃごちゃ。18禁のエロアニメも、詳しくない気がする・・・・」

編集「この改正案に反対して、マンガ家のちばてつやさんや永井豪さん、60人のマンガ家が『表現全体の元気がなくなる』と反対をして記者会見。日本雑誌協会など出版関係4団体が改正反対の緊急声明を出して、ヤフー、ディー・エヌ・エー、楽天などのネット企業が参加するネット団体も反対を表明したんだよ」

バード「アニメ業界は?????」

編集「へ?」

バード「・・・・・マンガ、出版、ネットの業界が反発したんだよね?で、当事者のアニメ業界は・・・反対表明したのかしら?」

編集「・・・・・・・・・・・知らない・・・」

バード「鳩山首相はどうなんだろう。アニメファンで、『サマーウォーズ』も絶賛していたようなんだけど・・・そうか!!『サマーウォーズ』にはパンチラがなかった!!!」

編集「高校生の男女が、ほっぺにチュ!、というのはあった・・・・・」

バード「・・・・・それ、性表現???」

編集「・・・・・・・・・・・・・・」

バード「東京には、日本のアニメ会社の80%が集中しているわけだから、シャフトとかにも頑張ってほしい」

京アニ・タマ改め、宗方タマ「京アニーーーーーー!!!!!」

バード「うわっ、タマさん、さすが7次元」


「サマーウォーズ」(SUMMER WARS)
2009年8月から全国ロードショー

   舞台は長野県上田市と、インターネットの仮想世界「OZ(オズ)」。「オズ」世界中の人々が自信のアバターを使って交流する空間、だけでなく、世界中の交通、エネルギー、通信などを制御する重要なシステムである。

   ある日、ヒロインの高校3年生・篠原夏希が、主人公で同じ高校に通う高校2年生の小磯健二達に、アルバイト「上田市にある祖母の家まで同行してほしい」を持ちかける。曾祖母で、旧家・栄陣内家16代目の当主、陣内栄(89)の誕生会に出るためだ。夏希は栄に対し、いきなり、健二は自分のファインセだと紹介する。健二にとって夏希は憧れの存在だったが、「そんな話しは聞いていない」と戸惑うことに。

   健二はもともと「オズ」のメンテナンスのバイトをしていて、数学オリンピックの日本代表に漏れたが「数学の天才」。上田市に滞在中に「オズ」に異変が起こり世界が大混乱に陥る。その異変を起こした犯人が、なぜか、健二、だとテレビで報道され、そこから家族愛、友情、アバターを使ったバトルと、様々なドラマが展開していく。

   ヒロインは夏希なのだが、実際は栄(89)の存在感が際だつ。栄の声を演じたのは女優の富司純子(65)。女優や俳優の声優起用にはファンから異論が出ることが多いが、富司はかなりハマっていて引き込まれた。一方、夏希の声は新進の女優さんだが、なぜこの女優を使ったのか、不明。

   健二と夏希の一族は敵と「戦国武将」さながら、仮想世界「オズ」の中で戦うことになる。この敵というのが、アメリカ国防省が「オズ」の中に「実験」として入れたシステム。そのシステムが暴走して大混乱になるわけだが、なぜ、地球をめちゃくちゃにしてしまいそうなシステムと戦うのが、アメリカ国防省や、日本の科学者ではなく、上田市の、夏希の一族なの?

   色んな疑問は残るが、家族や一族を描いた部分は紛れもなく秀逸。「胸キュン!」という感じだ。<モノウォッチ

ジョセフ・バード・ランカスタープロフィール

    英国ケンブリッジ出身。祖母が日本人のクォーター。青森にいる祖母からTVアニメビデオを実家に送り付けられ日本のアニメにはまる。15歳でアニメ好きが高じ単身日本へ。現在、青森の祖母と同居。人生を変えたアニメは「太陽の王子 ホルスの大冒険」「もえたん」。好きな食べ物はりんご、マグロ、鯨ベーコン。座右の銘は「イェ~イ!私だよんっ♪」(by「けいおん!」田井中律)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中