2018年 7月 16日 (月)

高速道路の渋滞情報は「ドラぷら」で確認

印刷
NEXCO東日本関東支社の調査では、「渋滞を避ける」がエコドライブにつながると回答した人は40.4%だった
NEXCO東日本関東支社の調査では、「渋滞を避ける」がエコドライブにつながると回答した人は40.4%だった

   NEXCO東日本関東支社は、エコドライブと渋滞に関する意識調査の結果を2010年3月18日、公表した。調査は09年2月23日~24日、20代~50代の男女512人を対象にweb上で実施したものだ。

   環境負荷の小さい運転方法(エコドライブ)について、最も多くの人が認知していたのは「急発進・急加速・急ブレーキをやめて、適切な車間距離を保つ」だった(89.6%)。それに続くのは、無用なアイドリングをしない(79.3%)、経済速度を保つ(64.8%)、エアコンの温度調節をする(58.8%)といったところで、「渋滞を避ける」は40.4%にとどまっている。

   その「渋滞を避ける」においても、実践しているかとなると、YESはわずか15.8%で、他の方法に比べて低い。ただ、34.2%の人は、今後実践しようと思うエコドライブの方法に「渋滞を避ける」を挙げており、それなりの関心があることはわかった。

   渋滞に対して事前に備えたいときに、どうすればよいかだが、NEXCO東日本の高速道路情報サイト「ドラぷら」内で公開されている「渋滞予測カレンダー」を利用するといいかもしれない。渋滞観測・分析のスペシャリストである渋滞予報士が、過去の渋滞データや周辺地域のイベント情報から総合的に判断し、提供しているものだ。同社では、事前に情報を確認した上で、渋滞が予測される時間帯を避けたドライブを勧めている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中