2018年 7月 22日 (日)

パチスロ新機種「蒼天の拳」5月導入 特設サイトもオープン

印刷
あの興奮が再び・・・
あの興奮が再び・・・

   サミーはパチスロ新機種「蒼天の拳」を2010年5月に導入するのに合わせ、特設サイト(http://premium-souten.com/)を立ち上げる。サイトはすでに一部公開されているが、プレミアムムービーの視聴や3大攻略誌ライターのコラムが見られるほか、シークレット情報も得られるという。

   今回導入されるパチスロ「蒼天の拳」のキャッチコピーは「初代パチスロ北斗の拳完全継承」。その名どおり、一世を風靡(ふうび)した初代機種(4号機)のゲーム性や演出などを5号機で体感できるようにした。初代バトルボーナスシステムを再現したアシストリプレイタイム(ART)「死合の刻」や「天授の儀」、そしてレア小役後をカウントする「北斗カウンター」、昇天時の「エンディング演出」といったところが「初代」から受け継がれたDNAとなっている。

   ボーナスは2種類(いずれも純増約300枚)。同社の発表によると、連チャンは「死合の刻」が平均3.5、「天授の儀」は平均8を上回るそうだ。

   「ボーナス+ ART合成確率」は1/293(設定1)~1/205(設定6)。<モノウォッチ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中