2018年 7月 18日 (水)

3D映像楽しめる液晶モニター 4万5000円は高い? 安い?

印刷
mono63180_pho01.jpg

   日本エイサーは、NVIDIAの3D技術「3D VISION」に対応した23.6型ワイド液晶ディスプレイ「GD245HQbid」を、2010年3月26日に発売した。

   互換性のあるNVIDIAグラフィックスカードを搭載した「Windows Vista」または「Windows 7」機と、3Dメガネが付属した専用のキットを組み合わせることで、最新のPCゲームや3Dデジタルフォトを立体視することができる。

   また、解像度が1920×1080のフルHDパネルを採用しているため、ブルーレイソフトなどのハイビジョン映像の美しさを、2D、3Dを問わず細部まで鮮明に楽しめる。

   想定価格は4万5000円前後。<モノウォッチ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中