2018年 7月 23日 (月)

ローソンの冷やし麺がリニューアル

印刷
左が「冷し中華」、右が「割子そば」。
左が「冷し中華」、右が「割子そば」。

   ローソンは、食材・製法を見直した冷し麺4品を発売した。発売日は、「冷し中華」、「温玉ぶっかけうどん」が2010年3月30日、「月見とろろそば」、「割子そば」が同4月6日で、扱うのは全国のローソン各店舗。

   「冷やし中華」では、「チャーシュー」の盛り付け量を前年比2倍にした上で製法を見直し。特製ダレに一晩漬け込んだ後、直火オーブンで焼き上げることで香ばしく仕上げた。

   「割子そば」は、「石臼挽そば粉」を配合してなめらかな食感を実現させるとともに、つゆには「枕崎産鰹本枯節」のだしを、薬味のわさびには伊豆産の本わさびを使用するなどこだわっている。

   価格は「冷し中華」が450円、「温玉ぶっかけうどん」が398円、「月見とろろそば」が420円、「割子そば」が305円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中