2010春のワンダ 全国で新社会人応援メッセージ入り号外配布

印刷
大手町・メトロスクエアフラットで「号外」を配布した
大手町・メトロスクエアフラットで「号外」を配布した

   アサヒ飲料は2010年4月1日午前7時、全国16か所のオフィス街で、新社会人応援メッセージ入りスポーツニッポン「号外」を累計1万部以上配布するイベントを行った。

   号外は計30段に及ぶ大掛かりなもの。その1面には、「発覚!! ワンダの新戦力!!」と見出しをうち、缶コーヒーブランド「ワンダ」新CMキャラクターとして、2010年春から起用された俳優の唐沢寿明さんと市原隼人さん、ミュージシャンのGACKTさんが登場。腕組みした3人は「新社会人のみなさまへ。」として、熱い応援メッセージを送った。

   唐沢さんの場合、俳優としてすぐに食べていくことができず、アルバイトを掛け持ちしながらも夢に向って諦めなかった過去を紹介。辛くうまくいかない時こそ、フレッシュな熱い気持ちを思い出してほしい、と励ました。また、GACKTさんは周囲に流されることなく、決してぶれることない「自信」の必要を語り、市原さんは壁にぶつかっても一歩ずつ乗り越えよう、と呼びかけている。

   この号外は、東京大手町・メトロスクエアフラットでも配布され、手にした新社会人たちはしばし足を止めていた。22歳女性は「配属が今日決まります。何があっても笑顔で頑張ります」と意気込みを語れば、製薬会社営業職の男性は「目指すはトップセールスマンです」と息巻いていた。また、住宅販売の22歳男性も「将来は会社を引っ張っていけるように」と目を輝かせた。

   かたや、先輩社員たちはこうした新社会人たちへのエールを語ってくれた。サービス業50歳男性は「(今年は)景気の悪いときの入社組。期待は大きく、それに応えて欲しい」とし、金融系の41歳男性は「型破りでもかまわない。小さくまとまることなく、自分なりに大きく成長して欲しいと思います」と話していた。

   号外だけではなく、大手町・メトロスクエアフラットの街頭ビジョンでは、3人が出演し、1日限りオンエアされたメッセージCMも流れた。同じ映像は4月1日午前6時~午前8時59分、民放5局およびその系列局のCM枠で放送されたものだ。見逃した人のために、ワンダwebサイトでは4月6日午前10時まで閲覧できる。<モノウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中