羽田に新型「リージョナルジェット」就航 JAL南紀白浜線など

印刷
羽田空港を離陸するE170型機
羽田空港を離陸するE170型機

   経営再建中の日本航空(JAL)が地方路線向けに導入したブラジル製の小型ジェット機「エンブラエル170」型機(E170、76人乗り)が2010年4月1日、初めて羽田路線に就航した。

   E170は従来の機種より燃費が大幅に向上しているのが特徴。同社では、搭乗率を上げて収支を改善させることを目的に、機材の小型化を進めている。就航したのは、羽田-南紀白浜(和歌山県)線と羽田-関西線の一部。特に羽田-南紀白浜線は、これまでは1日2~3往復だったものが、今回の小型化で3往復に増便されている。

   E170は現段階ではJALグループ内で6機が就航しているが、10年度中に、さらに4機増やす。<モノウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中