熊本城の雄姿を再現 144分の1スケールのプラモ

印刷
西南戦争前にタイムスリップ
西南戦争前にタイムスリップ

   西南戦争で焼失する前のお城を忠実に再現したプラモデル「熊本城」が、GSIクレオスから3月29日に発売された。希望小売価格は、2万6250円。

   神瞰(しんかん)和・名城シリーズの第1弾。従来の城プラモデルとは異なり、資料収集、歴史検証、設計に大きな時間を割き、外観から内部構造まで、西南戦争で焼失する以前の熊本城をできるかぎり忠実に再現した。

   熊本市の全面協力を得て、現存する数少ない復元図や古写真を解析し、3DCGによる模型用設計図を作成。この設計図を基に、シンボルである大小2つの建物で構成された天守閣から、石垣の積み上げ方、内部の柱や梁まで、144分の1のスケールで再現している。さらに、各層ごとのユニットを積層する設計になっているため、完成後も内部構造を見ることができる。<モノウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中