2018年 7月 23日 (月)

ペンタイプで口臭チェック

印刷
コンパクトなミニタイプ「HC-212M」
コンパクトなミニタイプ「HC-212M」

   タニタは口臭チェックアイテム「ブレスチェッカー」にペン型のスリムタイプ「HC-212S」とコンパクトなミニタイプ「HC-212M」を追加し、2010年4月1日に発売した。

   スリムタイプはさりげなく口臭をチェックできるよう、胸ポケットに入るシャープなデザインにした。

   一方、ミニタイプは化粧品のボトルをイメージしたポップなデザインだ。

   両製品ともキャップを持ち上げると電源が入り、4~5回振ってから約5秒後に吸い込み口に息を吹きかけると、内蔵してある半導体ガスセンサーが口臭の原因となる物質の濃度を検出する仕組み。

   計測結果は、液晶面のイラストの表情と数字で6段階に表示する。

   価格は両製品とも4200円(税込み)。<モノウォッチ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中