ペンタイプで口臭チェック

印刷
コンパクトなミニタイプ「HC-212M」
コンパクトなミニタイプ「HC-212M」

   タニタは口臭チェックアイテム「ブレスチェッカー」にペン型のスリムタイプ「HC-212S」とコンパクトなミニタイプ「HC-212M」を追加し、2010年4月1日に発売した。

   スリムタイプはさりげなく口臭をチェックできるよう、胸ポケットに入るシャープなデザインにした。

   一方、ミニタイプは化粧品のボトルをイメージしたポップなデザインだ。

   両製品ともキャップを持ち上げると電源が入り、4~5回振ってから約5秒後に吸い込み口に息を吹きかけると、内蔵してある半導体ガスセンサーが口臭の原因となる物質の濃度を検出する仕組み。

   計測結果は、液晶面のイラストの表情と数字で6段階に表示する。

   価格は両製品とも4200円(税込み)。<モノウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中