JT「ルーツ」異色の新CMで松田龍平、男泣き

印刷
「アロマブラック」の新CMのひと幕。キャッチコピーは「強く、香る。強く、生きる。」
「アロマブラック」の新CMのひと幕。キャッチコピーは「強く、香る。強く、生きる。」

   男が何かを思い、一人泣く――。JTが2010年4月5日からオンエアしている、缶コーヒーシリーズのルーツ「アロマブラック」新CM『強く、生きる。「ホテル」篇』のひと幕だ。

   演じるのは、演技派俳優の松田龍平さん。今回のCMでは、部屋に入ってきた松田さんがおもむろにテレビをつけるシーンから始まる。ソファーに腰を下ろすと、テレビから流れてくる笑い声。すると、耳を傾けていた松田さんの目からは、静かに涙がこぼれ落ちる。バックに流れるトランペットの音色。小さく肩を震わせた松田さんは、おもむろに「アロマブラック」の缶を開け、のどへと流し込んで……。

   CMの松田さんは一言も語らず、涙の理由(わけ)は明らかにされない。だが、男が泣く場面はそれほど多くはないだろう。情けない自分に嫌気がさしていたのかもしれないし、なんらかの失敗で自分を責めていたのかもしれない。1人きりだからこそ弱さをさらけ出し、涙したのだろうか……。ただ、抱えている困難や苦悩を乗り越えた時、人は成長していく。強く生きようとする男の姿を演じた松田さん本人も、この役柄を「同じ男として、この心情はとても理解できる」と語っている。

   CMのオンエアが始まると、「松田龍平が男泣きする姿がかっこいい」「渋い。オトコの色気がある」などとブログに書き込まれ、さっそくネット上でも話題を呼んでいるようだ。また、SNS「mixi」の松田龍平コミュニティーにも、「ググっと泣くとこ。なんかこっちまでグッときます」「ホント…心に響きます」「ハマり役やと思う」といったコメントが寄せられた。「言葉」こそないが、松田さんの熱い演技が、見る人を引きつけてやまないようだ。

   ルーツ「アロマブラック」は2010年4月5日、リニューアル発売した。コーヒー豆を粗く挽いた新ブレンドで、豊かな香りとキレのある後味が楽しめる。<モノウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中