浅田真央「金色ウイダー」でソチ目指す 森永が支援継続を発表

印刷
「金色ウイダー」を手に笑顔を見せる浅田真央選手
「金色ウイダー」を手に笑顔を見せる浅田真央選手

   女子フィギュアスケート銀メダリストの浅田真央選手(19)を支援してきた森永製菓のプロジェクトがバンクーバー五輪後も継続されることになり、2010年4月7日、都内のホテルで記者発表会が開かれた。

   森永製菓は08年から2年間にわたって、「ウイダーサポートプロジェクト」として、浅田選手の栄養管理やトレーニングを支援。バンクーバー五輪での浅田選手の活躍を受けて、2014年のソチ五輪に向けてプロジェクトが継続されることになった。

   浅田選手は

「自分のために2年間ずっとサポートしてくださって感謝しています。トレーニングの面では、2年間けがや故障もなく、毎日(トレーニングを)継続できてよかったです」

とプロジェクトに感謝する一方、

「1年1年で出来ることを精一杯頑張りたいです」

と、4年後に向けて意気込んでいた。これに応えるかのように、森永は、同社のゼリー飲料「ウイダーinゼリー」の容器を特別に金色に印刷して浅田選手に贈呈。浅田選手は、

「世界に3つしかないので、大事にとっておきたいです」

と笑顔を見せていた。<モノウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中