「エネループ ライト」充電器セット

印刷
機能性と経済性を両立した充電池の「入門編」
機能性と経済性を両立した充電池の「入門編」

   三洋電機は、リモコンや目覚まし時計などの低・中消費電力機器を中心に、より気軽に使える充電地「eneloop lite(エネループ ライト)」を同梱した、機能性と経済性を両立したエントリーモデルの充電器セットを、2010年6月22日に発売する。

   「エネループ ライト」は、充電しておけば「3年後でもすぐ使える」という乾電池に匹敵する「エネループ」の高い利便性をそのままに、「エネループ」より電池容量を抑えて、くり返し使用回数も業界をリードする約2000回を実現した。

   今回の充電器は、エントリーモデルとして開発した充電器で、「エネループ ライト」を最大4個まで充電できる。単3形「エネループ ライト」で約3.5時間の急速充電を実現。1個での1回あたりの使用コストは約0.5円と経済的。また、充電制御技術や海外でも使えるオートボルテージ機能を搭載した。「エネループ」の充電にも使える。

   希望小売価格は、単3形2個入りセットで1680円。単4形2個入りセット1580円。<モノウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中