六本木でマイケル・ジャクソン遺品展 最後の大型オークション出品100点公開

印刷
「ビート・イット」スタイルの赤い皮製ジャケット(マイケルさんのサイン入り)
「ビート・イット」スタイルの赤い皮製ジャケット(マイケルさんのサイン入り)

   2009年に亡くなったマイケル・ジャクソンさんの一周忌にあたる2010年6月25日、2度目となるプライベートオークション「MUSIC ICONS」が米国ラスベガスにあるプラネットハリウッドで開催される。それに先立ち、マイケルさんとも親交のあったプリンセス天功さんが、このオークションのスポークスパーソンとして、日本全国のマイケル・ジャクソンのファンのために日本国内で「マイケル・ジャクソン遺品展「MJ46 Keep on Loving Produced By Princess Tenko」(MJ46ジャパンツアー主催)をプロデュース。5月19日~23日「Version.M」、5月24日~31日「Versoin.J」の2回に分けて、いずれも東京 港区の六本木ヒルズumuで開かれる。

   マイケルさんのオークションとしては、これが最後の大型オークションといわれており、200以上の品々が出品される同オークションは世界中から注目を集めている。今回の遺品展では、オークションの遺品の中から、厳選したおよそ100点を展示。サイン入り「ビート・イット」スタイルの赤い皮製ジャケット、ジョージ・H・W・ブッシュ元大統領に贈られたサイン入り黒の「フェルト製フェドラ帽」など、マイケルファン必見の多数の遺品が披露される。

   午前10時開場(5/19は12時半開場)、午後10時閉場。前売り券は1000円で、限定ポストカード(非売品)付き。当日券も1000円だがポストカードは付かない。

   日本では東京のほか、沖縄、名古屋でも展示会が行われる予定。<モノウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中