うんめ~ご飯炊く「遠赤大火力竈釜」

印刷
ごはんが冷めてもかたくなりにくく、おいしい
ごはんが冷めてもかたくなりにくく、おいしい

   パナソニックは、業界初の遠赤ハードコートを採用した「遠赤大火力竈(かまど)釜」で、ごはんの甘みがさらにアップしたスチームIHジャー炊飯器「SR-SJ2」「SR-SK2」シリーズを、2010年6月1日に発売する。

   ごはんの甘みを増やすために重要な「火力」をさらに強めるため、これまで釜の内側に使用していたフッ素と比べて熱伝導が約10倍速く、遠赤放射率を約3%アップさせた遠赤ハードコート(セラミックス塗装)を採用。竈で炊いたような強火を実現した。さらに、新「大火力スチーム」で炊飯中のスチーム(過熱水蒸気)量を約20%アップして、お米から溶け出した甘みやうまみをごはんの表面にしっかりコートすることで、冷めても水分を逃さずふっくら感を保つ。ごはんが冷めてもかたくなりにくいので、弁当のごはんにも適している。

   オープン価格。<モノウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中