2018年 7月 17日 (火)

コピペ判定支援ソフト「コピペルナー」がパワーアップ!

印刷

   アンクは2010年4月15日、コピペ判定支援ソフト「コピペルナー」の最新版「コピペルナー Ver.1.0.1」をリリースした。

   文書の不正コピーを防止するために金沢工業大学知的財産科学研究センター長の杉光一教授が考案したソフトで、1つまたは複数の文書を読み込んで、インターネットのWebページや文献データベースの検索を行い、コピー&ペースト(コピペ)が行われている箇所を解析する。コピペと思われる箇所は、「完全一致」あるいは「あいまい一致」によって色別で表示され、直感的にコピペの状況を把握できる。

   今回のバージョンアップでは、文書読み込み時や比較チェック時のパフォーマンスなどが改善された。

   教育機関向けスタンダードライセンスが4万5675円、ビジネス向けのスタンダードライセンスが6万7200円。なお、ver.1.0.0の購入者は、差分を無償でダウンロードできる。<モノウォッチ>

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中