「がん」のこと、本当に知ってますか? 好評の新刊本「がん治療を受ける前に知っておきたい55のこと」

印刷
知らなかった「がん」が分かる
知らなかった「がん」が分かる

   エクスナレッジが2010年3月19日に発売した、気になる「がん」診断・治療のポイントをわかりやすく解説する新刊本「がん治療を受ける前に知っておきたい55のこと」が好評だ。

   同書は土屋了介・国立がんセンター中央病院病院長と、奥仲哲弥・山王病院副院長の共著。肺がん治療の専門医である両氏が、「自らのがんにいちばん合った病院の選び方」、「専門医制度」、「抗がん剤治療に対する医者の本音」など、患者でなくても気になるさまざまな事がらについて、わかりやすく教えている。これまで、医者にとって当然だと思われ、あまり伝えられてこなかった「がん治療」にまつわるさまざまな情報が満載だけに、読んでおいて損はない。

   アマゾンのコメントの1つには、

「告知、抗がん剤、放射線。世間のがんに対する認知はそのほとんど誤解と偏見だったことがわかりました。素晴らしい良書であり、がん患者やそのご家族だけでなく、すべての成人、そして医学生にも読んでいただきたいと心から思いました。また、なぜ偏見を持つのかもわかり、健康や人生観までも考えさせられる一冊です」

とある。

   ソフトカバー、212ページ。

   価格1575円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中