2018年 7月 17日 (火)

おしゃれでコンパクト 電動自転車の新3機種

印刷
左から「コンパクトリチウム」「CITY-C リチウム」「CITY-X リチウム」
左から「コンパクトリチウム」「CITY-C リチウム」「CITY-X リチウム」

   ヤマハ発動機の電動アシスト自転車PASシリーズの小径3機種が、2010年5月17日に発売される。これで、PASの2010年モデルは全11機種となる。

   3機種とも、アシストフィーリングを最適化し、発進時や坂道での力強さに加え、平坦路や緩斜面での快適性の向上を図った。価格は据え置いてあるという。

   取り回しやすく、小柄な人向けの「PAS コンパクトリチウム」は、走行モードを従来の2モードから3モードへと変更。独自の機構「S.P.E.C.3」との組み合せで、走行状況に合わせて発進時から加速まで、いつでも滑らかでパワフルな走りを可能にした。希望小売価格は、10万5800円。

   低床U字フレームで乗り降りしやすくおしゃれな「PAS CITY-C リチウム」と、個性的なデザインとスポーティーな走行性能を両立した「PAS CITY-X リチウム」は、都市部でのニーズに合わせた。希望小売価格は、それぞれ10万6800円、10万9800円。<モノウォッチ>

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中