2018年 7月 21日 (土)

なんとGWは期間限定「半額」! 「とびきりハンバーグサンド」

印刷

   モスバーガーの「とびきりハンバーグサンド」シリーズが、モスの携帯サイトメール会員限定でゴールデンウイークに通常価格の半額で販売される。2010年春のキャンペーンの一貫なのだが、かなり思い切った割り引きだ。

「トマト&レタス」は210円 「チーズ」は190円

「とびきりハンバーグサンド」をPRする櫻井さん
「とびきりハンバーグサンド」をPRする櫻井さん

   「とびきりハンバーグサンド」シリーズは10年春現在、『トマト&レタス』(420円)と『チーズ』(390円)を販売中で、08年12月の発売以来、3月末段階で累計2700万食を売り上げる人気商品となっている。バンズからはみ出る約90グラムの大きな肉が特長で、ふっくらとして柔らかく、食べ応えも申し分ない。そんな「とびきりハンバーグサンド」が200円ほどで買えると聞けば、「マジ!?」と驚くのではないだろうか。

   モスフードサービス・マーケティング室販売促進グループの櫻井加苗さんは言う。

「感謝の気持ちを込めて、ゴールデンウイークには『とびきりハンバーグサンド』2品を携帯会員限定で、半額で販売するキャンペーンを企画しました。実は、4月中ごろの新聞折り込みチラシに『あの商品が半額に!!』とだけ告知していたのは、このことです」

   今が旬のトマトとレタスを挟み、和風ソースが肉の味を引き立てる「トマト&レタス」が通常420円のところを210円で、とろりととろける国産チーズが魅力の「チーズ」は通常390円を190円で売り出すという。実施期間は4月29日~5月9日の11日間で、モスの携帯サイトの登録(http://mos.jp/mm/)が必要となる。

   櫻井さんは「感謝の気持ち」という言葉を使っているが、これは、累計2700万食という売り上げが示すように、消費者が「とびきりハンバーグサンド」の価値を認めてくれたとの思いによるものだ。

とびきりハンバーグサンド「トマト&レタス」(写真上)と同「チーズ」
とびきりハンバーグサンド「トマト&レタス」(写真上)と同「チーズ」

   モスバーガーでは、モスの携帯サイトメール会員を対象にアンケート調査を実施。その中で、「あなたなら、とびきりハンバーグサンドをいくらで販売しますか?」と聞いたところ、最も多かったのは300円。次いで350円、250円、380円、400円だった。寄せられたコメントには、「安いほうがうれしい」「子供でも買いやすい価格がいい」という意見と同時に、「価格が低すぎても魅力がありません」「500円の価値は十分ありそうです」「ちょっと高いのがおいしさと品質の良さの証」などという声も少なくなかった。

   定番メニューである「モスバーガー」「テリヤキバーガー」(いずれも320円)などに比べると値は張るものの、肉のボリュームや国産にこだわった素材が使われていることを考えれば十分、お得感はあるのだろう。アンケート結果がそれを物語っている。

   「予想外の結果に驚いています」と、櫻井さんの声も思わず上ずる。極端な話、「100円」や「150円」と答えても問題はないのに、消費者は「300円」という実際の販売価格(約400円)に近い値踏みをしたのだから無理もない。その上、アンケートが初日と2日目だけで1万8000件近く回答が集まるという関心の高さも、モスバーガー側はうれしく受け止めているという。

   なお、携帯会員には、お得なクーポンや商品紹介を随時案内しており、よく利用する店舗を登録すれば、店舗ごとの情報を入手可能。櫻井さんは、「ぜひこの機会に、ボリューム感たっぷりのハンバーグサンドをたくさん味わってほしい」と期待を寄せている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中