2018年 7月 23日 (月)

ケータイがプロジェクターに!?

印刷
携帯がプロジェクターにはや代わり(上部「F-04B」のプロジェクターユニット、下部「F01」)
携帯がプロジェクターにはや代わり(上部「F-04B」のプロジェクターユニット、下部「F01」)

   NTTドコモは2010年4月30日、高機能携帯電話端末「F-04B」のオプション品として、「プロジェクターユニット F01」を発売した。

   「F-04B」は液晶画面部分(ディスプレーユニット)と、キー部分を分離して使うことができる端末で、ドコモが10年3月に売り出した。「F01」を専用の接続端子か無線通信規格「bluetooth」で「F-04B」のディスプレーユニットと接続すると、「F-04B」の液晶画面で表示可能な画像や動画などを最大66インチで投影できる。また、外部機器入力端子を備え、デジタルカメラやパソコンなどの接続にも対応する。

   内蔵バッテリーで最長160分使える。想定価格は2万円台後半。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中