求ム!歴女ブロガー 滋賀県がPR大作戦

印刷

   滋賀県が「歴女ブロガー」を募集することになった。観光PRに一役買ってもらおうと企画されたもので、交通費3万円を支給し、旅館やホテルの無料宿泊も計画している。

   滋賀県は2010年3月上旬、滋賀ブランド力の推進戦略を打ち立てた。県内に歴史的な名所も多いが、日経リサーチが集計する「地域ブランド力ランキング」では29位(08年)と今ひとつで、近畿2府4県でも最下位。それだけに、近江の戦国大名・浅井長政の三姉妹が主役となる11年のNHK大河ドラマは、観光をPRする絶好のチャンスなのだ。そこで、情報発信の担い手として、歴女たちに白羽の矢がたった。

   滋賀県観光交流局主幹・白井稔さんによると、ここ最近、滋賀県は歴女たちの間で人気があるらしい。彼女たちの目当ては「石田三成」にまつわる史跡。三成の生家は一気に観光スポットとして注目を集めることになり、それまで中高年ばかりだった三成の法要にも、多くの若い女性客が詰めかけた。人気ゲーム「戦国BASARA」でイケメンに描かれただけでなく、09年のNHK大河ドラマ「天地人」では俳優の小栗旬さんが演じたことで、歴女はもとより女性からの関心が高まっている。

「歴史に詳しい男性もOK」

   また、ブロガーをターゲットとしたのにも理由がある。日本観光協会のデータによると、旅行の行き先を決めるきっかけは、家族・友人からの口コミに次いで、インターネットを利用するという人が近年、高まりつつある。ならば、より口コミの形に近いブログの方が有効ではないか、と企画されたのだ。白井さんは、「滋賀県には史跡が多いのに、案外知られていない場所も多く、歴女の方たちにぜひとも力を借りたいな、と。ちなみに歴女とは言っていますが、歴史に詳しい男性もOK」と話している。

   ブロガーの募集は夏からを予定しており、秋ごろまでに50人を決める。応募者が殺到した場合は選考となり、ブログの内容などを判断材料とする。採用された人は上限3万円の交通費が支給され、観光名所も特別料金で入館できる。その際、滋賀県が指定する大河ドラマゆかりの地を巡り、ブログに書き込むことが条件だ。また、協力が得られたホテル・旅館でもブログに紹介することで、無料宿泊にする計画もあるという。

   前出の白井さんは「我々だけでは情報発信に限界がある。史跡だけでなく、たとえば人気があるカフェなども話題にしてもらえれば、地元にもメリットがあるのでは」と歴女たちの口コミには大きな期待を寄せている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中