2018年 7月 17日 (火)

ライオンビヤガーデン「麦羊亭(ばくようてい)」がオープン

印刷
初日は「デキシージャイブ」のライブで盛り上がった
初日は「デキシージャイブ」のライブで盛り上がった

   サッポロライオンは2010年5月2日から、東京・銀座の銀座松坂屋屋上にライオンビヤガーデン「麦羊亭(ばくようてい)」をオープン。初日の2日には、トラッドジャズの老舗バンド「デキシージャイブ」によるライブを行った。

   同ビアガーデンが開店したのは1984年。銀座中央通り沿いでは唯一の屋上ビアガーデンということで、毎年、幅広い年齢層の利用客でにぎわっている。今年の営業期間は9月中旬までを予定。例年通り、メニューには工場直送の樽生ビールはもちろんのこと、名物料理のジンギスカンをはじめ、多くのこだわり料理が並ぶ。

   「サッポロ生ビール黒ラベル 大ジョッキ」(1050円)、「同小ジョッキ」(630円)、各種サワー580円、各種ソフトドリンク(500円)。フードは、手もみジンギスカン 食べ放題+飲み放題(120分)が4500円。ほかに、特選ラムの鉄板焼き(2180円)、ジンギスカンピラフ(1280円)、ガーデンサラダ(700円)、ソーセージの盛合せ(1580円)、たこ焼き(680円)など。

   座席数350。

   営業時間は、平日が17~22時、土曜が15~22時(いずれもラストオーダー21時半)。日祝が15~21時(ラストオーダー20時半)。ただし、5、6月は土日祝12時からオープン。営業期間中は無休。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中