2010岡田ジャパンと「ドーハ組」 強いのはどっちだ?

印刷
W杯が始まる前に読みたい
W杯が始まる前に読みたい

   産経新聞出版は2010年4月30日、新刊本「ドーハ組VS南ア組 ―時空を超えたサッカー日本代表論」を発売した。

   著者は、夕刊フジ運動部所属で編集委員の久保武司さん。サッカー担当として、98年のフランス大会から3大会続けて代表チームに帯同取材しており、中山雅史選手の結婚や、オシム監督が病に倒れたスクープ記事などでも知られている。

   同書は、そんな久保さんが、「ドーハの悲劇から17年、日本代表は本当に進化したのか」をテーマに、時空を超えた日本代表論を展開した一冊だ。ベスト4を狙う岡田ジャパンは本当にベスト4まで勝ち上がれるか、そこまでの実力があるのか? その答えは同書240ページの中にある。

   四六版並製/240ページ、定価1300円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中