「制服姿は無理があった」 佐々木希、初主演映画をPR

印刷
パッケージを手に笑顔を見せる佐々木希さん(8日、都内で)
パッケージを手に笑顔を見せる佐々木希さん(8日、都内で)

   モデルでタレントの佐々木希さん(22)が初主演した映画「天使の恋」がDVDとブルー・レイ化されたのを受け、2010年5月8日、佐々木さんが東京・渋谷のCD店のトークイベントで作品について語った。

   映画は09年に公開され、佐々木さん演じる17歳の高校生・理央が、谷原章介さん演じる35歳の大学講師・光輝と恋に落ちる様子を描いている。

   DVDを購入した観客150人を前に、最初は「30分以上のトークショーは初めて」と緊張していた佐々木さんだが、司会者から

「制服姿も、かわいかったですよねー」

と水を向けられると、

「制服着るのは恥ずかしいと思って…。(撮影当時は)もう21(歳)だったので、無理があったと…」

とはにかむと、会場からは

「かわいい!」

との声があがっていた。

   また、映画では谷原さんとのキスシーンも登場。佐々木さんは、撮影の様子を

「緊張しましたし、準備もしました。歯磨きとか(笑)。リハーサルでも本番と同じことをするので、計2回キスしました」

と恥ずかしそうに振り返っていた。

   さらに佐々木さんは、最近の生活の様子も披露。

「最近3キロ太ったので、朝はキュウリ1本だけ。最近はキュウリばっかり」

と、思わぬ食生活を明かし、会場を驚かせていた。

    DVDは「スタンダード・エディション」と特典ディスク付きの「プレミアム・エディション」の2種類があり、価格はそれぞれ3990円、5985円。ブルー・レイ版は6300円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中