ユナイテッドアローズ、ブランド横断型の新店舗を展開

印刷

   ユナイテッドアローズは、2010年夏から空港や駅構内などでブランド横断型の新業態店舗の運営に乗り出すと2010年5月11日に発表した。空港ターミナルや駅ナカ、高速道路のサービスエリアなど、新しい市場が成長する中、単一ブランドの商品のみを扱う従来型店舗では取り込みにくい市場の開拓を目指す。

   1号店として、10年7月中旬に成田国際空港ターミナルビル内に店舗面積29.4坪の第1号店を出店、高速道路のサービスエリアや駅ナカにも順次進出する。新店舗では、「UNITED ARROWS」や「green label relaxing」、「Cath Kidston」など、同社の既存ブランドの商品を立地条件に応じて柔軟に組み合わせて販売する。服飾のほか、ご当地グッズなどの雑貨も取り揃える。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中