消防庁、ツイッターで災害情報発信

印刷
アカウント「FDMA_JAPAN」の画面
アカウント「FDMA_JAPAN」の画面

   消防庁は2010年5月18日、災害時の双方向情報発信手段として、ツイッターの活用を開始した。

   その名も「災害情報タイムライン」。震度5強以上の地震など、大規模災害時に同庁がとりまとめている被害情報をツイッターのタイムライン上で発信していく。また、フォロワーから寄せられた災害情報に地元消防からの報告にない重要なものがあれば、同庁が事実関係を確認してくれる。原則としてフォロワーからのつぶやきには個々の対応はしないという。

   アカウントは「FDMA_JAPAN」。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中