2018年 7月 23日 (月)

消防庁、ツイッターで災害情報発信

印刷
アカウント「FDMA_JAPAN」の画面
アカウント「FDMA_JAPAN」の画面

   消防庁は2010年5月18日、災害時の双方向情報発信手段として、ツイッターの活用を開始した。

   その名も「災害情報タイムライン」。震度5強以上の地震など、大規模災害時に同庁がとりまとめている被害情報をツイッターのタイムライン上で発信していく。また、フォロワーから寄せられた災害情報に地元消防からの報告にない重要なものがあれば、同庁が事実関係を確認してくれる。原則としてフォロワーからのつぶやきには個々の対応はしないという。

   アカウントは「FDMA_JAPAN」。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中