常識から踏み出すのが成功への近道! ハタチのいま読むべき一冊

印刷
いくつになっても人生は変えられる!
いくつになっても人生は変えられる!

   2010年3月に阪急コミュニケーションズから発売された新刊本『20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義』(著・ティナ・シーリング、訳・高遠裕子)の評判がいい。

   この書は、米スタンフォード大学工学部に所属するアントレプレナー・センターでエグゼクティブディレクターを務める著者の講義・講演をまとめたもので、「いくつになっても人生は変えられる!」をテーマに、成功へ導く企業家精神のエッセンスが多角的に盛り込まれている。

   「ルールは破られるためにある」「早く何度も失敗せよ」「「機が熟すことなどない」「自分で自分に許可を与えよう」・・・といったように、非常に気になる言葉がいくつも出てきて、それらの持つ意味が具体例を示しながら分かりやすく書かれているが、その根底に共通するのは「常識からの逸脱」だ。

   特に、パーム・コンピューティングとハンドスプリングの創始者ジェフ・ホーキンス氏が次世代PDA「パーム・パイロット」を開発した際、また、カナダの大道芸人ギィ・ラリベルテがサーカス団「シルク・ド・ソレイユ」を立ち上げた際などの記述に学ぶところは多い。

   「自分の居場所は必ずつくれる」――そんな自信を与えてくれる一冊だ。

   四六判上製、232ページ。

   定価1470円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中