2018年 5月 26日 (土)

「ガンプラ」ケータイ ソフトバンクから登場

印刷
ガンプラがケータイに!?
(C)創通・サンライズ
ガンプラがケータイに!? (C)創通・サンライズ

   ソフトバンクモバイルは2010年5月19日、ガンダムのプラモデル「ガンプラ」をモチーフにした携帯電話端末「945SH G Ver.GP30th」の予約受け付けを始めた。発売は10年9月中旬以降を予定している。

   「ガンプラ」誕生30周年を記念して企画したもので、シャープ製端末「SoftBank 945SH」をベースに開発した。本体はガンダムシリーズに登場する「RX-78-2」をイメージした白を基調としたデザインを採用、ワンセグアンテナはビームサーベルを模した外観にするなど細部までガンダムの世界観を再現した。オリジナル待ち受け画面や絵文字、着メロをプリインストールするほか、装飾用のシール(デカール)や立体的な電池カバー、専用充電器とあわせてディスプレイできる「RX-78-2」のプラモデルなども同梱した。

   直販サイトでの価格は、24回分割払いの新スーパーボーナス加入で実質負担金が各回3080円(総額7万3920円)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中