フィリピンの貧困地域に雇用を NPO法人アクションがエコポーチで支援

印刷
カラフルなシリーズ「ミックス」と光沢のある「シルバー」

カラフルなシリーズ「ミックス」と光沢のある「シルバー」
カラフルなシリーズ「ミックス」と光沢のある「シルバー」

   海外で孤児院やストリートチルドレンの支援活動を手がけるNPO法人アクションと、web制作会社マーキュリーシスコムが立ち上げたエコブランド「ecomismo(エコミスモ)」は、菓子袋をリサイクルした商品を2010年5月17日から売り出した。

   フィリピンの家庭や学校から出るゴミとして出る菓子袋を回収したものを丁寧に洗い、裁断したのち、ナイロン糸で編み上げて作ったもので、アイテムはポーチ、ペンケース、DSケース、PSPケースでミックス柄とシルバー柄を用意。価格はポーチ(S)の840円からPSPケースの5040円まで。

   今回の企画は、ストリートチルドレン支援として貧困地域に仕事を作ることで雇用を生み出すのが狙いで、フィリピンにある工場では現在、約50人の女性が製作に携わっている。ポーチ(S)が1個売れるごとに6人家族の1食分の食費となり、利益の一部はNPO法人アクションを通じて、奨学金プログラムなどに役立てられるという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中