2018年 7月 20日 (金)

球根も「ブランド化」の時代

印刷
新ブランド『BellFlow』のロゴマーク(左)と商品(アマリリス『ポットアマリリス』)イメージ(右)
新ブランド『BellFlow』のロゴマーク(左)と商品(アマリリス『ポットアマリリス』)イメージ(右)

   2007年9月に球根の小売事業の業務提携を締結していたサカタのタネ(横浜市)と花の大和(奈良・天理市)が、新しい球根ブランド「BellFlow」を立ち上げた。発売するのは合計4品目18品種。8月下旬のチューリップ(500円)を皮切りに、ラナンキュラス(600円)、ユリ(1000円)、アマリリス(2600円)などを扱う。

   「美しく咲く花を厳選して提供していく」がコンセプト。近年縮小する球根市場の中で新たな価値を創造しようというもので、贈答用としても利用できる品質の高さに加え、栽培の失敗を防ぐよう、セット内容などにも、花を美しく育てるための工夫が随所に凝らされている。

   パッケージの2次元バーコードを読み取れば、栽培方法に関する特集コンテンツにアクセスできる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中