2018年 5月 23日 (水)

「BMW3シリーズ」がリニューアル、燃費大幅向上

印刷
燃費効率が大幅向上
燃費効率が大幅向上

   ビー・エム・ダブリューは2010年5月24日、中型乗用車「3シリーズ」の燃費効率を改良して発売した。

   減速時に生じるエネルギーを電力に変換してバッテリーを充電する「ブレーキ・エネルギー回生システム」を全車種に搭載したほか、エンジン構造を見直すことなどで燃料の燃焼効率を高めた。燃費効率の向上幅は20%~45%程度で、最も燃費性能の高い「BMW 320i セダン」では18.4km/Lになった。

   「クーペ」と「カブリオレ」は、フロント周りを水平方向のワイド感を強調するデザインにするなど、外観もリニューアル。「クーペ」では、右ハンドル仕様の「320iクーペ」や「325iクーペ」もラインアップに加えた。

   車両本体価格は434万円~1068万円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中