グーグル「AdSense」収益分配率を初公表

印刷

   グーグルは2010年5月24日、広告配信サービス「Google AdSense」による広告収益の分配率を初めて発表した。

   発表によると同社は、ウェブサイトのコンテンツに関連した広告を表示する「コンテンツ向けAdSense」を利用しているサイト運営者には収益の68%を分配し、検索結果の横に広告を表示する「検索向けAdSense」を利用しているサイト運営者には収益の51%を分配。それぞれのサービス開始以来、この分配率を保持しているという。

   また、フィード向けやゲーム向けなど、そのほかの「AdSense」については、研究中であることを理由に発表していない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中