2018年 7月 20日 (金)

日経平均2万円超、日本だけが沈没しない理由 

印刷
日本経済はこの先、明るい!
日本経済はこの先、明るい!

   講談社は2010年5月12日、新刊本『2012年に日経平均が2万円を超える15の理由』を発売した。

   『韓国企業はなぜ中国から夜逃げするのか』『100万円を確実に1億円にする中国株投資術』(ともに講談社刊)などで知られるGINZAX・グローバル経済投資研究会代表の大原浩氏が、ネガティブな経済予測ではなく、タイトルどおり「明るい日本の未来」を理路整然と語っている。

   同書の中で大原氏は、「日本企業の二〇一〇年の業績は対前年比で素晴らしいものになることなどから、二番底はもうやってこないと確信している」としたうえで、今後は、エコノミストたちがまったく予想していない「日経平均の大幅上昇」の時期を迎えると断言、理由も詳説している。また、そんな日本とは対照的に世界中の多くの国が重大危機に直面することになり、その中で最も危ういのが現在、不動産バブルに沸く中国だともいう。 3~10章では、投資対象となりえる大原氏推奨の上場企業47銘柄が紹介されており、必見だ。

   四六判、318ページ。定価1680円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中