サッカーW杯の最強ガイドブック「世界一蹴の旅」

印刷
W杯テレビ観戦のおともに
W杯テレビ観戦のおともに

   双葉社は2010年6月1日、『世界一蹴の旅 サッカーワールドカップ出場32カ国周遊記』を発売する。6月11日に開幕する南アフリカW杯の出場国のお国柄を写真入りで紹介。観戦が32倍楽しくなる本だ。

   筆者の村上敦伺氏と四方健太郎氏は、外資系コンサルタント会社の元同僚。サッカーファンの2人は06年のドイツW杯観戦をきっかけに、出場国32カ国すべてを1年間かけて訪問する旅を構想。仕事を休み、09年7月に日本を出発した。

   現地の子どもたちと草サッカーに興じながら、各国のサッカー事情をサポーター目線で書きためたブログ「世界一蹴の旅」が編集者の目にとまり、書籍化が決定。旅をしながら編集作業を続け、開幕直前の出版にこぎつけた。

   出場国を知ればチームへの興味も高まる。例えばグループリーグ初戦で当たるカメルーンでは、草サッカーのゴールが横幅1メートルにも満たないという。針の穴を通すようなゴールの精度は、こんな練習環境から生まれるのかもしれない。

   四六判、286ページ。定価1680円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中