2018年 7月 16日 (月)

出来ることいっぱい! 欲張りなポータブルシステム

印刷
メタリックグレー(写真上)とシルバー(同下)
メタリックグレー(写真上)とシルバー(同下)

   日本ビクターは2010年6月中旬、メモリーポータブルオーディオシステム「RD-M8」を発売する。

   8GBのフラッシュメモリーを内蔵したポータブルオーディオシステムで、CDやFM/AMラジオ、USBメモリー内のMP3/WMA/WAVファイルの再生に対応。内蔵メモリーはMP3/WAV形式での録音に対応し、保存された楽曲はUSB端子を通じて音楽ケータイやデジタルオーディオプレイヤーに高速転送できる。

   また、携帯電話と接続することで楽曲情報を取得できる「MagicSync」を採用しているほか、聴き流してしまったラジオを2分前から聴き直せる「スナップショット機能」や聴く位置に合わせて音像を移動する「サウンドシューター」を搭載している。

   実用最大出力は4W×4W。幅430mm×高さ165mm×奥行き250mm、重さ約4.6kgで、カラーはメタリックグレー、ピンク、シルバー、ホワイトの4色。オープン価格。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中