着うたブームも過去の話 「バイブ設定」選ぶギャルマナー

印刷

   現代人にとって今や、絶対的生活必需品の携帯電話。

   もちろん、ギャルにとっても欠かせないマストアイテムです。

   メールは一日約50~100通を送信し、連続通話時間は2~3時間、時間が空いたらブログやゲームを楽しみ、ノート写しや思い出用に写真を撮ったり、鏡の変わりに使ったり…。 朝起きて夜寝るまで携帯を握り締めていると言っても過言ではないでしょう。

   そんな携帯必須のギャル達と接していて、最近あることに気付きました。

   それは、携帯の着信をマナーモード(バイブ)に設定にしているギャルが多いということです。

「着うた」設定は減少傾向に

ケータイはバイブに、これ、ギャルのスタンダード!
ケータイはバイブに、これ、ギャルのスタンダード!

   以前は友達や家族、彼氏、グループごとに分けるなど、相手によって着信音を変えているのがギャル界の暗黙のルールでした。

   しかし、最近では終日マナーモードでバイブ設定をするギャルが増えています。このような傾向は、以下のGRPランキングにも表れています。

   バイブ設定の話の前に、最近の携帯電話に関する調査結果を少々・・・。

   「人によって着信音を変える?」のリサーチでは、

1位:変えない/53.1%
2位:変える/46.1% 

となり、「変えない」が過半数を上回る結果となりました。

   続いて、

   「あなたが今設定している着うたは何?」では、

1位:着信音1(もともと携帯に入っている着信音のこと)/11.4%
2位:FOREVER LOVE/加藤ミリヤ×清水翔太/2.6%
3位:Dear…/西野カナ/2.4% 

となり、2位と3位には人気アーティストがランクインしたものの、1位は11.4%で「着信音1」となり、以前のように好きな音楽を大量にダウンロードし、相手によって着信音を変えるといった傾向は少なくなってきているようです。

携帯に押し寄せるブログ更新通知

   なぜ、このような傾向になりつつあるのか、早速ギャル達に実際に聞いてみると、あることが関係していることが導き出されました。

   それは…彼女達が見ている「ブログ」に関係がありました。

というのは、ブログサービスの「最新記事を購読する」といったRSSリーダー機能がギャルに人気で、自分の好きなモデルや友達などのブログが更新される度に携帯に更新通知メールが配信されているのです。

   さらに、ギャル1人1人が購読しているブログの数は、平均で30~50ブログと結果が出ており、ギャル達の携帯に凄まじい数のお知らせメールが送られ、その度に携帯が鳴るのです。

   そんなお知らせメールの状況をギャルに聞いてみると、

「購読している人が50人ぐらいいるから、その人達が更新するごとにお知らせメールが来るんだよね。1日で言うと100通ぐらいは更新メールが来てるかも。特に土日はハンパなくて、携帯が常に鳴っている感じかな」

という声が返ってきました。

   また、彼女から話しを聞いている、たった3分の間にも更新メールが約5通送られて来るなど、彼女の携帯は休むことなくフル稼働していてました(笑)

「音にしてたら、ずっと鳴りっぱなしだから周りの人に迷惑掛けるじゃん。だから、常にバイブにしているんだよね」
「そこまでして何故お知らせが必要なの?」

と聞いてみると

「だって、その人がどこに行ったとか、その日のコーデとかすぐに知りたいし、こまめにブログチェックしてたら、近くにその人がいるかもだし!」
『周囲は迷惑をかけずに、ブログの更新通知をすぐに受け取りたい』

この「ブログ情報をいち早く沢山得たい」というギャルの思いが、着信音への関心が薄れる原因となって、さらにマナーモード(バイブ)設定の急増の要因となっているようです。

GRP編集長 まぁ~さ

【GRP】 GRPとは、「ギャル・リサーチ・プレス」の略で、「ギャル診断テスト」を受け、合格した正真正銘のギャル限定の会員で行われるリサーチ&ランキングからなるエンタメサイト。平均17.2歳、全国各地のギャルたちからアンケートを収集し、そのデータをもとにランキング形式で公開している。流行に敏感で、流行を作り出す「ギャル」オンリーのリサーチ情報なので、通常のランキングとはひと味違う近未来予測的なものとなっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中