2018年 7月 19日 (木)

電子書籍は何を激変させるのか 編集者がリアルに解説

印刷
iPadで本と出版業界は激変するか?
iPadで本と出版業界は激変するか?

   インプレスジャパンは2010年5月21日、『電子書籍元年 iPad&キンドルで本と出版業界は激変するか?』を発売した。

   著者の田代真人氏は、朝日新聞社を経て学研、ダイヤモンド社などで雑誌編集者やウェブマスターなどを歴任。10年3月には池田信夫氏、西和彦氏らとともに電子書籍専門出版社「アゴラブックス」を設立している。

   iPadの発売を機に、電子書籍によって出版界に大変革が起きると話題になっている。しかし田代氏は、電子書籍出版の現場から、変わるものと変わらないものを冷静に検討し、「出版社や編集者は不要」「取次会社と書店は絶滅」「印税70%」などの極論は必ずしも現実的ではないと説く。

   そのうえで、電子書籍の課題である収益構造の確立やプロモーションのしかた、既存出版社の戦略などについて、取るべき道を示す。地に足を着けて電子書籍に関わりたい人にとって必読の書だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中